Glovalish de English

映画・洋楽紹介 & 英語学習全般に役立つブログ

頻出単語115(No. 76-100)

TOEIC頻出単語500(No. 76-100まとめ)

Facebookにアップした物をまとめました

 

76. last

頻出パート:Part 2, Part 3, Part 4, Part 5

意味:(形容詞で)最後の、(副詞で)最後に(動詞で)続く

出題例:The presentation is expected to last for about two hours.

※ Last は「最後に、最後の」という意味・用法しかないと思っていると痛い目に遭います。

「続く」という動詞の用法(自動詞)があるということをしっかりと覚えておいてくださいね。

 

77. advertisement

頻出パート:Part 3, Part 4, Part 7

意味:広告

品詞:名詞

※ Questions XXX - XXX refer to the following advertisement.

でおなじみですよね。

最近 Part 4 で宣伝タイプのトークの出題数が減ってきています。

 

78. real estate

頻出パート:Part 3, Part 4, Part 7

意味:不動産

※ real estate agency (不動産業者) という感じで頻出します。

realtor とも言ったりもします。

TOEIC の世界では real estate agency が大繁盛です。

Part 4 の留守電にはいつも不動産屋さんから「いい物件ありまっせ。一度見に行ってくださいな」というメッセージが入っています。

 

79. competitor

頻出パート:Part 3, Part 4, Part 5, Part 7

意味:競合他社

品詞:名詞

※ 品詞問題で問われやすい Competition (名詞:競争、競技会、コンペ), competitive (形容詞:競争力のある), compete (動詞:競争する)といった派生語もしっかりと抑えておいてください。

 

80. maintain

頻出パート:Part 3, Part 4, Part 5, Part 7

意味:維持・管理する

品詞:動詞

※ 派生語の maintenance(名詞)も頻出です。

 

81. tune in

頻出パート:Part 4

意味:ラジオやテレビのチャンネルを合わせる

出題例:Remember to tune in to Radio XYZ for traffic updates.

(ラジオXYZで最新の交通状況をご確認ください)

※ Part 4 の交通状況のブロードキャストでは「必ず」といっていいほど、最後にこれで締めます。

 

82. service

頻出パート:Part 3, Part 4, Part 7

意味:保守・点検

品詞:名詞

出題例:service staff

※ service と聞くと「割引」や「おまけ」をイメージする方は多いのではないでしょうか。たとえば、「あの店はコーヒーを一杯無料でサービスしてくれる」と言いたい場合、service とは言わず、

That place offers a free cup of coffee. と free ~ を使います。

特に TOEICでは service と言ったら、「保守・点検」の意味で使うので覚えておいてください。

ちなみに、値引きは discount ですね。

 

83. energy-efficient

頻出パート:Part 3, Part 4, Part 5, Part 7

意味:省エネの

品詞:形容詞

※ energy-efficient = energy-saving のパラフレーズは鉄板です。

TOEICの世界はみな「自然環境保護志向」が非常に強いので、省エネ重視の企業が多く存在します。

 

84. renowned

頻出パート:Part 4, Part 5, Part 7

意味:高名な、著名な

品詞:形容詞

出題例:a renowned movie director (有名な映画監督)

※ renowned = famous のパラフレーズは鉄板中の鉄板です。

上級レベルのパラフレーズでは acclaimed, eminent, noted, notable などもあります。どれも「高名な」という意味で使えます。

さらに critically acclaimed (批評家に称賛された) や highly acclaimed (大変高名な)などは Part 5 で ______ acclaimed といった形で副詞の語彙問題として出題されることがあります。

 

85. speculate

頻出パート:Part 5, 7

意味:推測する

品詞:動詞

出題例:We speculate that ... (我々は〜と推測する)

※speculate にはビジネス用語で「投機する」(speculate in shares = 株に投機する)という意味もありますが、TOEICではほぼ guess (推測する)と同じ意味で使われます。

 

86. refill

頻出パート:Part 2, Part 5, Part 7

意味:(動詞)補充する、(名詞)おかわり

※ Would you like a refill ? といった感じでカフェで言われますね。

 

87. urge

頻出パート:Part 5

意味:(強く)勧める

品詞:動詞

出題例:The teacher urged his students to study harder.

※ 勧めるというと recommend を思い出す方が多いと思いますが、この urge は強制力が強くなります。

一方、recommend は「やってみたらどう?」といった感じ。

 

88. file

頻出パート:Part 1, Part 2, Part 3, Part 5, Part 7

意味:書類を閉じる

品詞:動詞

出題例:Could you file these documents?

※ 名詞としての file はみなさんご存知の通り「ファイル」。動詞の用法もよく出るので要注意です。

 

89. comply

頻出パート:Part 5

意味:従う

品詞:動詞

出題例:Employees shall comply with the safety standards.

※ Part 5 で comply _______ という形で正しい前置詞を選ばせる問題は頻出です。

comply with ~ で「〜に従う」と覚えておきましょう。

〜には通例、「法令」や「基準」が来ます。

 

90. correspond

頻出パート:Part 5

意味:やりとりする

品詞:動詞

出題例:correspond with each other

※ 品詞問題では次の派生語に注意。

(名詞)correspondence 「連絡、通信」

(名詞)correspondent 「特派員」

 

91. enhance

頻出パート:Part 5

意味:(価値などを)向上させる

品詞:動詞

出題例:enhance a relationship between A and B (AとBの関係を強化する)

※ 向上する= improve だけでなく、この enhance も覚えておくとよいですね。品詞問題で名詞形 enhancement も頻出です。

 

92. enforce

頻出パート:Part 5

意味:(法律などを)施工する

品詞:動詞

出題例:enforce a contract (契約を履行する)

※ 91 の enhance と音の感じが似ているのでよく間違える語の代表です。

force には「力」という意味があるので、混乱させる要因にもなっているのかもしれません。

名詞形は enforcement です。こっちもまたややこしい!

 

93. streamline

頻出パート:Part 4, Part 5, Part 7

意味:(仕事を)効率化させる、無駄をなくす

品詞:動詞

出題例:streamline the business operation (経営を合理化させる)

TOEICはもちろん、実際のビジネスシーンでも頻繁に耳にします。TOEICの学習も streamline できるといいですね。

 

94. assess

頻出パート:Part 5, Part 7

意味:評価する

品詞:動詞

出題例:assess the business plan (経営計画を評価する)

※ evaluate のパラフレーズとして頻出します。

名詞形 assessment は日本語でも「環境アセスメント」といった形で使われていますね。

 

95. commence

頻出パート:Part 5

意味:(他動詞)始める(自動詞)始まる

品詞:動詞

出題例:commence business operations (業務を開始する)

※ start, begin と同じ意味ですが、やや固い感じ。こんな言葉がサラッと言えたらカッコいいですね。

 

96. undergo

頻出パート:Part 4, Part 5, Part 7

意味:(治療、研修などを)受ける

品詞:動詞

出題例:You have to undergo a training.

※ undergo と go through の言い換えは頻出です。

どちらかというと「嫌な物に耐える」イメージが強い単語です。

 

97. undertake

頻出パート:Part 5

意味:引き受ける

品詞:動詞

出題例:undertake a challenging assignment (やりがいのある仕事を引き受ける)

※ 96 の undergo と混乱しないでくださいね。

 

98. compile

頻出パート:Part 2, Part 3, Part 5, Part 7

意味:(データ、書類などを)集める、まとめる

品詞:動詞

出題例:compile a database (データベース化する)

※コンピュータの世界でも compile a program で「プログラムをコンパイルする」とカタカナで用いられたりします。

 

99. publicize

頻出パート:Part 5

意味:公表、宣伝する

品詞:動詞

※Part 5の品詞問題で

A: public (公共の)

B: publicize

C: publication (出版、発表)

D: publicly (公然と)

といった形で超頻出です。

 

100. accommodate

頻出パート:Part 5, Part 7

意味:①収容できる ②要求に応える

品詞:動詞

出題例:

①This room can accommodate up to 150 people.

(この部屋は150人まで収容可能だ)

②I'm sorry but we can't accommodate your needs.

(あなたの要求に応えることはできません)

※①の用法を知っている方は多いと思いますが、②の使い方も覚えておいてください。

meet (満たす)に近い用法ですね。

 

 

ふぅ〜。

なんとか100語までブログに移植できました。

以降は毎回5語を目安にコツコツと更新していくので、こまめにチェックしていただければ嬉しいです!

 

では。

Ciao!

単語学習にはこのアプリ!

 
 

 

 

ブログランキングに参加してます。

よければクリック応援お願いします!

 


TOEICランキング

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村