Glovalish de English

映画・洋楽紹介 & 英語学習全般に役立つブログ

頻出単語115(No. 1-25)

TOEIC頻出単語500(No. 1-25まとめ)

Facebookにアップした物をまとめました

 

1. serve

頻出パート:Part 1

意味:食事を出す

出題例:A man is serving a meal.

★レストランでウェイター、ウェイトレスが写ってる場合もあるし、社員食堂みたいな所でカウンター越しに皿に盛りつけをしている場合もある。

 

2. hold

頻出パート:Part 1

意味:(手に物を)持つ

出題例:A woman is holding paper.

★簡単な単語と思ってあなどってはいけません。次のような引っかけがあります。

A woman is folding paper. (女性は紙を“折っている”)。

本番ではHO(ホ)とFO(フォ)の聞き分けといった、しっかりとしたリスニング力が問われます。

ちなみに「手に持っている状態」には have は使いません。

(have はI have a lot of money.のように「所有」を表します。)

 

3. arrange

頻出パート:全パート

意味:「整理する」、「手配する」

★全パートで頻出ですが、パートごとに使われ方が異なります。

Part 1:He is arranging files.(整理している)

Part 2~7:arrange my schedule (手配する)

 

4. tidy

頻出パート:Part 1

意味:片付ける

品詞:動詞

出題例:He’s tidying up the desk.

★出題例のように「片付けている」という描写は何度も過去に出題されていますが、「散らかしている」という“行動”の描写の英文は私が知る限りは出て来ていません。

散らかす行動の描写はありませんが、机の上が「散らかっている」“状態”の写真の描写として、The desk is cluttered with books. みたいな感じで出ていた記憶はあります。

 

5. deck

頻出パート:Part 1

意味:(船が写真に写っていれば)甲板、(少し広いベランダみたいな所なら)テラス

品詞:名詞

出題例:A man is brushing the deck. (男性がブラシでテラスを磨いている)

 

6. water

頻出パート:Part 1

意味:(花などに)水をやる

品詞:動詞

出題例:The woman is watering a plant.

★何でwaterなんて簡単な単語を扱うんだ!という声が聞こえてきそうです。

Waterに「水をやる」という動詞としての使い方がある事をご存じでしたか?

TOEICでは既知の簡単な単語ほど要注意です。

自分の知っている単語でも「TOEICではどんな使われ方をしているか」、しっかりと復習をしてみてください。

 

7. parking lot

頻出パート:Part 1, Part 4, Part 7

意味:駐車場

品詞:名詞

出題例:A car has been parked in the parking lot.

※Part 1で「公園」の park との音の混同を狙ったひっかけは頻出です!

 

8. rest

頻出パート:Part 1, Part 6, Part 7

意味:(Part 1で)休憩する、(Part 6, 7内で Please rest assuredの形で)安心する

品詞:動詞

出題例:They are resting in the lobby.

※ Rest assured の形を問う設問は私が知る限り出題事例はありませんが、Part 6 & 7の手紙(メール)でよくみかける表現なので覚えておくとよいかもしれませんね。

 

9. board

頻出パート:全パート

意味:(Part 1では)ホワイトボード、(Part 4ではbulletin boardで)掲示板、(Part 2 ~ 7で board of directorsの形で)取締役会

品詞:名詞

出題例:She’s putting documents on the board.

TOEICの Part 1で board といったら、ほとんどの場合「ホワイトボード」を指します。

Part 7 のアナウンスで出てくる board は bulletin とセットで、よく「スケジュールは掲示板を確認してください」といった感じで、Please check the bulletin board. と言われます。

 

10. wait in line

頻出パート:Part 1

意味:1列になって並ぶ

品詞:セットで覚える表現

出題例:They are waiting in line in front of the box office. (box officeはチケット売り場)

写真で人々が「1列になって並んでいる」かどうかに着目してください。人がバラバラと散らばっている状態の写真の描写にはふさわしくない表現ですね。

 

11. pack

頻出パート:Part 1, Part 3, Part 4, Part 7

意味:梱包する

品詞:動詞

出題例:He’s packing items in the box.

Pack には「(電車やお店などが)満員になる」という意味もありますが、TOEICで pack といったらほぼ「梱包する」です。Pack の反対は unpack。これもよく出てきます。

ちなみに、Part 1の写真描写問題で「物」を表す単語で、出題例でもあげた item はよく使われます。(itemを使えば何でも描写できちゃうのがTOEICの世界)

 

12. hang

頻出パート:Part 1

意味:(壁などに物が)掛っている

品詞:動詞

出題例:A picture is hanging on the wall.

TOEICからは外れてしまいますが、日常会話では「友達とつるむ」という意味で hang out という表現をよく使います。I will hang out with my friends this weekend.といった感じです。

 

13. deliver

頻出パート:Part 1, Part 3, Part 4, Part 5, Part 7

意味:(talkやpresentationとセットで)「行う」、(商品などを目的語として)「配達する」

品詞:動詞

出題例:A man is delivering a presentation.

レッスンで 「deliver の意味は?」と聞くと、ほとんどの方は「配達する」と答えられます。

もちろん deliverの基本的意味は「配達する」で、公開試験でもよく目にします。

しかし、このdeliverは出題例のように「〜を行う」という意味で使うこともあるんです。

Part 5 でも ~~~ ______ a presentation という感じで deliver を選ばせる問題をよく目にします。

 

14. adjust

頻出パート:Part 1, Part 5

意味:調節する

品詞:動詞

出題例:He’s adjusting the microphone.

Part 1の写真ではマイクの前に立つ男性が何度も目撃されています。

 

15. architect

頻出パート:Part 2, Part 3, Part 4, Part 5, Part 7

意味:建築家

品詞:名詞

TOEICは、どういうわけか「建築」関連の話がお気に入りです。「建築会社に見積もり依頼」や、「学生時代に建築を学んだ」といったネタは鉄板です。

あと、工事とかに関連してcivil engineer (土木技師)ってのもよく出てくるのでついでに覚えちゃいましょう。

こっちは Part 7でよく出会う気がします。

 

16. generous

頻出パート:Part 2, Part 5, Part 6, Part 7

意味:気前がいい

品詞:形容詞

出題例:(Part 2で)That’s generous of you to say that!

TOEICの世界には「意地悪な人」や「ケチな人」は存在しません。

なので、いつもチャリティーなどの話題でもちきりです。

 

17. follow

頻出パート:Part 2

意味:従う

品詞:動詞

出題例:

男性が Where’s the platform No.1?

女性が Just follow the sign.

※出題例のパターンはよく出会います。Part 2は「短文応答」なので、「ここをまっすぐ行って、つきあたりを〜」ってなると短文じゃなくなってしまいますからね。

「Part 2での道案内はあまり詳しく返さない」というのが鉄則のようです。

もちろん Part 3では「ああ行って、こう行って」という返しは頻繁に出ますよ。

 

18. supervisor

頻出パート:Part 2, Part 3, Part 4, Part 5, Part 6, Part 7

意味:上司

品詞:名詞

出題例:Who’s your supervisor? - Mr. Tanaka is.

※上司と聞いて、もう一つ思い浮かぶのが boss。私のイメージでは boss = 直属の上司、supervisor はもう少し上の偉い人、といった感じ。

ただ、TOEICではこの2つの違いを聞くことはないので、イコールと思ってもらっていいんじゃないでしょうか。

 

19. confirm

頻出パート:Part 2, Part 3, Part 4, Part 5, Part 6, Part 7

意味:確かめる

品詞:動詞

出題例:Did you confirm your reservation?

※名詞形の confirmation も頻出です。

「確認する」という英訳はcheck と覚えていらっしゃる方が多いかもしれませんが、今回の confirm と check には違いがあります。

confirm という単語の一部 firm には「しっかりとした」という意味があることから分かるように、confirm は「しっかりと確認する」という意味を含みます。

一方、check は「ちょっと目を通して確認する」くらいの意味なので、「100%間違いがないように確認する」場合には適していません。

 

20. nearby

頻出パート:Part 2, Part 3, Part 4, Part 5, Part 6, Part 7

意味:近くに、近くの

品詞:副詞、形容詞

出題例:Drop by the nearby store.

※形容詞、副詞、両方とも頻出なので覚えておきましょう。

出題例は形容詞です。

副詞だと I live nearby. などのような形で公開試験でもよく見かけます。

 

21. promotion

頻出パート:Part 2, Part 3, Part 5, Part 6, Part 7

意味:昇進、販売促進

品詞:名詞

出題例:Did you hear Kevin got a promotion?

※「昇進」、「販売促進」ともに頻出です。文脈からすぐに判断できるようにしたいところです。

上の出題例だと、「ケビンが販売促進をgetした」ではおかしいですよね。

なので、この出題例は「昇進した」という意味になります。

ちなみに、「販売促進」という意味の promotion は campaign のパラフレーズとしてよく用いられます。

 

22. main office

頻出パート:Part 2, Part 3, Part 4, Part 5, Part 6, Part 7

意味:本社、本部

品詞:名詞

main office = headquarters

両方とも頻出です。

支社は branch office です。

 

23. committee chairperson

頻出パート:Part 2, Part 3, Part 5, Part 7

意味:委員長

品詞:名詞

Part 2で、Do you know who’s the committee chairperson? という投げかけに、We have no enough chair. (イスが足らない)などといった形で、同じ音を含む誤答に誘導するパターンは鉄板

 

24. round-trip

頻出パート:Part 2, Part 3, Part 4, Part 5, Part 6, Part 7

意味:往復の

品詞:形容詞

出題例:round-trip ticket

↔︎ one-way

この言葉が聞こえた瞬間に、Where’s is the man(woman)? の問いに答えられるようになるといいですね。

Q: Where is the man?

A: At a travel agent (an airport)

 

25. take over

頻出パート:Part 2, Part 3, Part 4, Part 5, Part 7

意味:引き継ぐ

品詞:動詞(句動詞)

出題例:Who is taking over your job?

※ ちなみにTOEICでは出ませんが、株式の公開買付制度を表すTOB(Take Over Bid)という言葉はビジネス関連の記事を読んでいるとよく目にします。

TOB: 買収・合併を目的として、証券取引所を介さず、不特定多数の株主に対して、買い付け内容を宣言すること。

 

 

まだまだ頻出単語はたくさんありますよ〜

頑張って覚えましょう!

 

Ciao!

単語学習にはこのアプリ!

 
 

 

 

ブログランキングに参加してます。

よければクリック応援お願いします!

 


TOEICランキング

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村